最近では、価値観が多様化していると言うことから、亡くなった死者の埋葬方法なども多様化しているといえるでしょう。そこで注目されているのが「樹木葬」です。樹木葬は、お墓に埋葬すると言った従来までの埋葬方法とは大きく異なり、自然の中に埋葬するという方法になります。この樹木葬とはどういった埋葬方法であり、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。樹木葬とはどういったものなのか、まずは詳しく見ていきましょう。

樹木葬とは?

樹木葬とは、従来までのお墓とは違い、最近増えてきている埋葬方法であるといえるでしょう。樹木葬はその名前の通り、山地や、草地、そして公園や、ガーデンなどに、樹木、木、草花の下に骨を埋葬するという方法となります。樹木葬はこのように自然の中に骨を埋葬するという形になりますので、より自然な埋葬方法であり、自然に還りたいという思いを持つ故人の埋葬方法であるといえるでしょう。最近では、核家族化が進み、お墓の継承者などが減っていることから、こういった樹木葬が人気となっています。樹木葬は、従来までのお墓とは違い、費用もリーズナブルであり、さらに管理などの手間もそれほどかからないというメリットがあります。樹木葬には、遺骨をそれぞれ個別に埋葬するという方法と、複数人の遺骨を、同じ区画に埋葬する方法があります。その費用の相場は、大体20万円~70万円ほどの費用になりますし、墓石の場合は、200万円ほどの費用が平均でかかるのに対し、費用を抑えることが出来る埋葬方法であるといえるでしょう。さらに、樹木葬と一言で言っても、霊園敷地内に埋葬する方法や里山型など、さまざまな種類があるのも特徴です。

樹木葬のメリットとは

樹木葬のメリットに、お墓の継承や、またお墓の管理の心配がいらないというメリットがあります。一般的な墓石というのは代々継承していくものであるとされていますが、樹木葬にはそういった考え方がありません。つまり、樹木葬の場合には、お墓を継承する必要がなく、永代供養と同じように、霊園側が管理を行ってくれることになります。さらに、樹木葬は、先ほども述べたように、費用を抑えることが出来るというメリットがあります。墓石を新しく購入するのよりも大幅に費用を抑えることが出来るため、経済的にお墓を購入することが出来ないという家庭や、お墓にお金をかけたくないという方にもメリットは非常に大きいといえるでしょう。


費用を抑えるご相談はコチラの樹木葬までどうぞ

樹木葬のデメリットとは?


樹木葬というと、好きな山地に埋葬することが出来るというイメージを持っている方も居ますが、実はそうではありません。好きな場所に勝手に埋葬してしまうとこれは法律違反となってしまいます。樹木葬は、あらかじめ決められた敷地内に埋葬する必要があり、管理されている敷地において行われるものになります。このあたりは、墓石を使った埋葬方法と同じであり、管理された敷地内において、法的に許可されている場所でないといけません。埋葬の際には、埋葬許可証も必要となりますのでこのあたりも知っておく必要があります。また、樹木葬は比較的新しい埋葬方法であるため、親族や家族の理解を得ることが難しいこともあります。場合によっては、トラブルに発展してしまう可能性もありますので、事前に十分に身内の方々と相談をすることが必要です。樹木葬では、埋葬後に遺骨を取り出すことが出来ませんし、個別に管理をしませんので、あとか移動をさせたりすることも困難となります。また、個別の埋葬でも、遺骨はパウダー状となっていることがほとんどですので、遺骨そのものが形を失うことになります。このあたりも知っておく必要があるといえるでしょう。

関連記事

    None Found